HOPE in GRACE *流産・死産(子宮内胎児死亡)そして妊活の記録*

2016年12月 2度目の流産を15週で経験したときの記録です。そしてその後の妊活記録。

不正出血?

先週末、生理周期27日目で少し出血があった。

あ、生理だな~と思ったんだけど、その後も拭いたら着く程度の出血でいつもの生理と全然違う。それが4日間続いたので、だいたいこれ「生理7」としてカウントしていいのかも不明だし、何かあって手遅れは嫌なので不妊で診てもらっている地元の産婦人科Mクリニックに久々に行った。また不妊治療で行くつもりだったけど、不育症の診断結果が出てからにしようと思っていたのだけど…

結果、基礎体温表を見て、「排卵しなかったんだね」と。

念のため、超音波で子宮と卵巣の様子を見ましょうということで、診てもらったけど、特に異常もなく、先生は「よくあることですよ」だって。

でも一般に良くあっても、私には初めてのことだったし、

だいたい、子どもを授かりたい人間にとって「排卵がなかった」なんて、

結構怖い響きの言葉なわけで。

ピルを飲んで、強制的に次の周期を始める手もあるけど、やっぱり不育症の結果がでてからということで、結局はただの様子見になって帰宅。

でもな…ま、すべて17日の結果と相談で決めたいけど、

このまま、不妊治療に関してもどのクリニックでどういう風に受けるべきか…

で、結局もうダメなんじゃないかというネガティブな不安も、夏休みの時間がある中で頭の中をぐるぐる駆け巡ったりする。

でも、ここのところ、ラジオ体操+ストレッチ+8時前の夕食+早起き効果なのか、体調もいいし、体重も少しずつ減っている!

今はとにかく私の健康づくりが一番だと思うので、前向きに頑張ろうと思う。

夏休み

今週と来週は仕事では夏休み。

学校にしては珍しく2週間のあいだ学校は完全閉鎖なので。

でも予定はゼロ…夫は仕事も大学のスクーリングもあり、節約しなくちゃいけないのもあって、いまのところ旅行の予定もない。

 

体調としては、昨日の生理周期27日で少し出血があったからたぶん生理かな?

でも、今回の周期は基礎体温がとにかくぐちゃぐちゃだった。

というかずーっと低かった。それでおととい位にちょっと上がって36.4℃くらいになって生理というメチャクチャ具合。つまり高温期がなかったわけで、これって…ヤバくないか???

でも、理由としてこのごろ超暑がりの夫に合わせて冷房をつけたまま寝ているので、朝の目覚めの時には体がすっかり冷え切っている…冷えが蓄積している感じ。そのせいか、起きるとふくらはぎが痛い…

それはまずいよな…と思って、最近、寝る前にストレッチを始めた。あと、暖かいハーブティーを飲んでリラックスしてからねている。

そうしたらとりあえずふくらはぎの痛みはなくなった!

あと、やっぱり妊活的にも痩せないといけないと思う今日この頃。死産後、ストレス太りしているのは気が付いていたんだけど、怖くて体重計に乗っていなかったんだよね(汗)そして、意を決して乗ったら人生最高体重だった…!キャー。

怠い訳だよね…ということで、痩せます!たぶんマイナス10kgがベストだと思うので、夕食の時間や内容、ストレッチ、毎日のラジオ体操とサプリメントで地道にがんばります。

杉レディスクリニックの結果は17日…それまではあまり妊娠のことは考えずに体調を整えた方がいいかなぁ~。とにかく痩せます!絶対に!

不育症診断へ*杉ウィメンズクリニック受診*

久々の記録。

流産からは、この期間は妊娠のことを考えなくていい!

(というか妊娠できないし、生理が来るまで受診もないし)という割り切りで、

なんだか気持ちはスッキリ過ごしていた気がする。

仕事もイベントがあったり、合宿引率があったりそれなりに忙しかった。

生理も流産から1か月と少しで戻ってきた。

(少しほっとしたけど、合宿中というタイミング…流産後の生理は重いという人がいるみたいだけど幸いにもフツーの量で良かった。)

 

そして7月25日、流産決定ですぐに電話予約をしていた杉ウィメンズクリニックに行ってきた。この地域では恐らく不育症では一番有名な先生だと思う。

 

受診の1週間前には電話で予約の確認と持ち物の確認があった。

問診票と妊娠した時の検査結果やエコー写真があれば持参すること。

あと、保険証と現金で10万円程度を持って来てください…という丁寧な電話だった。

週末にゆっくり問診票を記入して、今まで3回の流産+死産の記録を整理して、当日持参した。

 

新横浜から仕事関係で何回か行ったことのあるエリアにクリニックは密かに(?)存在していた。予約の30分前には到着。すると、番号蓋が渡され、これ以降は番号で呼ばれた。待合室には5カップルくらいがいた気がする…

恐らく、ここを不育症以外で訪れる人はいないと思うので、

「あ~。みんな同じ悲しさや苦しさを通ってきたんだな…」となんだか勝手に不思議な連帯感を感じた。どの女性も(私もきっとそうだけど)不育症だなんて、もちろん見た目では分からない。健康そうに見える、小奇麗にされている女の人ばかり…でも、流産を2~3回以上繰り返してしまうという1%以下の女性に選ばれてしまった私達。

 

ほとんど待つことなくまずは助産師さんによる問診。

持参した資料を見ながら今までの妊娠を振り返る。

私はとにかく持っている資料を片っ端から持ってきたんだけど、必要のないものもいくつかあったみたい。

そして、ここ1か月の心理状態を聞くアンケートを受け取って、また待合室へ。

 

次の杉先生の診断までは少し待ち時間があったから、待合室で杉先生の著書「不育症学級」に目を通した。HPにも記載されている情報がほとんどだけど、よくまとまっている、先生の情熱が詰まった1冊だった。

私はどれが原因なんだろう?

子宮の形?血液の因子?それとも偶然(という名の必然)が重なってしまった?

 

そんなことをしていると、ついに先生の診断の番が。

なんだかホント「ここまで研究してきましたっ!」って雰囲気の、でも親しみやすい雰囲気の先生から、もう一度問診。そして子宮の様子を見るエコーを受けた。

今までにないくらいじっくり、しっかりと子宮の様子を診断された。

その結果。私の子宮筋腫はやはり妊娠には問題がないもので、子宮の形もOK。そして子宮の血流量を調べる映像も見せていただいたけれど、しっかり血流は見られ、問題はないという診断だった。

診断前、やっぱり子宮筋腫の大きさが気になっていて、子宮が原因だったらどうしよう…対策は手術しかない訳で、それでまた妊娠は年齢的にキツイと不安になっていたから、この診断には正直かなりホッとした。

そして残りの原因は血液検査を受けるわけで、これは3週間後に結果が出るという事。お盆休みに重なってしまうので、私はお盆明けすぐの予約を入れた。

HPで見たとおり、染色体検査のことも一応説明を受け、これは対応のしようもない項目だからということで先生もあまり勧めないので受けないことにして、とにかくものすごい項目数の不育症血液検査を受けることに。最後に「血液検査の結果を不育症研究に利用することに関する承諾書」の説明を受けて、先生の診断は終了。

その後、別室で助産師さんが採血(私の持ってきたデータに糖尿病の検査結果が入っていた分だけ、少し少ない採血で済んだらしい…けど、しっかり4本分の血を抜かれて若干フラフラ…)し、5分後には会計に呼ばれて、約10万円のお支払いをして終了となりました(やっぱり一部保険は適用されていた。それでも…10万円だけどね。)

お盆明けの検査結果…どうなるんだろう?

なんでもないという結果であれば嬉しいけど、それはそれで「加齢による卵子の老化」という防ぎようのない確率的な物と戦わなくてはいけないし、何らかの因子が見つかったら、アスピリンを飲み続けたり、ヘパリンの自己注射を続けなくてはいけない…

でも、とにかく、確実に前に1歩を踏み出したんだって思っている。

2人で納得するまで、後悔しないように進んで行こう。

 

クリスチャンと流産

今回の妊娠の数週間で色々考えていたことがある。

クリスチャンとして、私はこの状況をどう捉えるのだろう?

もちろん、この悲しみや苦しみはクリスチャンだからとかそうじゃないからとかで違いはないと思う。でもこの状況をどう捉えるかには違いはあるはず。

正直、私の長い長い教会生活の中で「流産」や「死産」を語る人に1人も会ったことがなかった。

そして、「クリスチャン」「流産」で検索してもほとんど有益なヒットがない。

(私のこのブログが上位になっちゃうくらいだし!)

これはもちろん日本というクリスチャン人口が1%以下の国だからで、英語で検索するとそれなりにたくさんのサイトがヒットする。

私は、前回の死産の中で、教会の中で自分がこれ以上傷つきたくないと思い、母教会からは離れてしまった。教会に繋がりたい。クリスチャンの交わりに繋がりたい。共に祈る、共に涙する、共に神様に向かう存在を心から求めているのに、その場所に行くことが出来ない自分がいる。なぜか?

それは、日本の教会が「家族」を中心としているから。そこには健全な夫婦と、子どもがいて、その単位が集まってコミュニティを作っている。それが圧倒的なマジョリティなのだ。もちろん、そうでない「都市型」の教会もあるのだけど、それは本当に都心に多い。そんな「家族」が中心の教会にこんな風に流産を繰り返している私が行くのは…正直とっても勇気が必要なのだ。そうすると、家で1人で聖書を読むほうがいいよ…ってなってしまう。もちろん、教会の大切さ、教会で神様を賛美し、礼拝する大切さは100も承知なのだけど。

 

そんな中で、今回、やっぱり思ってしまった。3回目の流産。神様は母の胎内にいるこどものこともご存じで形作られているお方だって。でも…なんでその命は3回も奪われ、私は会うことが許されないなんて…神様、ひどい。って。

今回は子供が生まれてくるワクワク感は極力感じないように努力をしている自分がいた。また奪われたらその分、悲しすぎるから。最悪のことがあっても大丈夫なようにいつも喜ばないような心のセーブをどこかに持っている自分がいた。

こんな自分になってしまった、悲しさがあった。

私が何をしたって言うの?なんの仕打ちだ?思わないわけがない。

そんな中で、「神に失望したとき」というフィリップ・ヤンシーの本が、読まずにずっと置いてあることに気が付いた。そこには、同じように「なぜ私ですか?」と叫ぶ信仰者、そしてヨブをどう捉えるのか?が書かれていた。

読んでよかったと思うのは…。

神様は決して、これを懲らしめとして起こしているのではなく、むしろこの状況を私と一緒に涙して悲しんでおられるお方だというところに帰れたこと。

そう。神様は「死」というseparation=分離を喜ばれることなど決してない方。

だからもう一度、神様お願いです。もうこんな涙を何回も流したくないのです!と祈ることができた。

とにかく。クリスチャンだって、クリスチャンじゃなくたって悲しみの深さ、辛さ、行き場のない怒りや遣るせなさ…流産を通して通るたくさんの感情は同じだと思う。

でも、クリスチャンとして…全知全能の神様の涙を、自分の近くに感じることができたのは感謝だと思った。

そしていつか、教会という場所じゃないかもしれないけれど…同じようにクリスチャンで流産の悲しみを語り合い、祈りあえる時が欲しいと心から思っている。

 

3回目。8週での流産。

今回の妊娠の経過…

結局、1週間ごとに受診をしたけれど、胎嚢は見えてもあまり成長が見られず、卵黄のうと小さい胎芽のようなものが見えたのが最後で心拍も確認できず7週で繋留流産の診断でした。

3回目なので…淡々と状況を受け止めていた感じ。

AIHをして、その後の経過を見てもらっていたMクリニックでは手術を薦められたけれど、一応セカンドオピニオンも聞きたかったし、もしも手術を受けるとしたら1回目に同じ子宮内容物除去術を受けているK病院の方が勝手が分かるから…と思い、K病院へ。

次の妊娠では責任を持って診させてくださいと言っていた、前回いろいろあったK病院のN先生に診ていただく。

状況は変わらず…繋留流産の確定診断。

でも、手術は行わないで自然流産の方向で考えましょうということだった。次の妊娠を考えたら無理に掻きだすよりは自然の方が子宮に負担も少ないし、1回生理が来たらまた妊娠を考えられるからということ。

1回目の流産でかなりの痛みがあったから、それがどこかで起きてしまうのがすごくこわかったのだけど…実は先ほど、周期的な痛み(でも1回目の時ほどではなく、もちろん2回目の死産の時とは比べ物にならないほど楽だった。)があり、大きな血の塊と白い網アミみたいなものが出てきて、痛みがかなり治まったので…出てきたのだと思う。

3回目の異常分娩。不育症も考えられる。

なので不育症で有名な専門医のS先生の診断予約を入れた。7月25日。

それまでしっかり子宮を休ませてくださいね。と、電話受付の方に言われた。

 

こうやって3回目の妊娠は終了となりました。

子どもの日

とっても天気の良いGWまっただ中。

2日に受診があった。

AIHの後にHCGを打ったので、その副作用がないかどうか?

卵巣の腫れや腹水がたまったりという事がないかをチェック。

受診の結果、特に問題はないということだった。

 

ルトラールを10日間服用して、高温期も順調。

そして、今日は周期30日目。

28日周期の私は、生理予定日より2日過ぎた…

異常な眠気と、なんだか風邪っぽいような症状。

 

もしや…?ということで、

今日、子どもの日に久々の妊娠検査薬を試してみた。

結果…

 

出た!くっきりした陽性反応!

 

でも、2回の流産経験の私は純粋にはまだ喜べないわけで、、、

そして、色々な心配事もどば~っと頭に浮かぶけれど。

 

5月。本当は希ちゃんの出産予定月だったこの月に。

もしかしたら、希ちゃんが天国で次の弟君か妹ちゃんを「いっておいで」って送り出してくれたのかもしれない。

 

そんな期待を持った子どもの日でした。

来週には受診をしなくては。

死産後3回目のAIH

ついにクロミッドを服用しての今回の周期。

まず生理が終わって周期10日目(土曜日)に卵巣の状態を見てもらったところ、分かりにくいけれどもう20mmに近い卵胞が発見された。

クロミッド効果なのか…いつもよりもかなり早い発育。もしもこれが本当にそうであれば今回はAIHが間に合わない可能性もあるということで、週明けの月曜日に再度受診。結果、今度は3つの卵胞がいずれも18mm近くあり、発育していることが分かった。

 

3つも!恐るべしクロミッド効果。

そうすると、もちろんかなりの低い可能性であっても三つ子の可能性もあるし、双子の可能性もある。双子が産まれてくれたらうれしいけれど、もちろんリスクも高い。

でも3つの卵胞に確実に卵子がいるか分からないし、受精するかどうかも、着床するかどうかもすべて私達にはわからないことで…

 

とりあえず、生理周期14日目の今日、死産後3回目になるAIHを受けた。

3回目…これはK病院で言われたリミットでもある。(3回やってダメであれば体外受精を考えるようにという話があった。)

これからどうするかはまだ分からないけれど、春の温かい気候の中、仕事も非常勤になって余裕がある中で今回AIHを受けられたのは良かったな~と思っている。

 

AIHの後にはいつも排卵を促進するためにHCGホルモンの注射(痛いやつ!)を受けるんだけれど、今回はそれもリスクがあるということで決断を迫られた。もちろん多胎の可能性、そして卵巣が腫れてしまう、最悪の場合はそこから血栓症になるケースもあるという話があった。今回のように複数の卵胞が育っている場合は、両方の卵巣にそれが起きていると、HCGは使わないと言われた。ただ、今回は私の場合3つとも左の卵巣だったので、打つことは可能という事…

(色々ネットで調べると、卵胞が3つ育っている場合はAIH自体も行わない医師もいるみたい。もちろん普通にAIHとHCGの両方を行っている人もいるけれど…難しい。)

ちなみに、今回AIHの後に初めてちょっとだけ出血があった。いつも「少し出血するかもしれません」と言われるから、それなのかなぁと思うけれど、しっかり抗生物質飲まないと。とりあえず明後日にまた卵胞の様子をみるために受診します。

 

今回は可能性にかけ、決断してHCGも受けてきた。卵巣の腫れが起きませんように!GW付近が妊娠のわかる時期…

初夏の温かさの中で、ストレスなく、ゆっくり待ちたいと思います。

 

そして、クロミッド

残念ながら、生理はやってきた。

デュファストンを服用して、11日目、あと1日服用しなくては…ということろで来てしまった。でも、やっぱり来たか…って感じ。

私は季節の変わり目に体調がメチャクチャ悪くなる。

基礎体温も結局そんなに上がることもなく、

花粉症もあり、気温の上がったり下がったりに自律神経やられまくり。

そして、生理1日目は久しぶりに来た、吐き気を伴う片頭痛!涙。

とにかく妊娠中はこの生理に関わる片頭痛が全然なかったので楽だったけど、

死産の後、生理のたびに片頭痛がキツイ。そして、今回は一番大きいのがやってきた感じ。本当にダメ、季節の変わり目。

だから、今回のAIHはダメなんじゃないかなぁ…と薄々感じてはいた。

でも、気持ちは前向き。

温かくなってきたこと、そして何より…!

4月1日から非常勤になったこと。週に3日の勤務になった。

経済的にはきついけど、でも責任もかなりなくなって、気持ちは本当に楽になった。

思い返せば1年前、拒否権なしで役職をもう1つ付けられ、2つの役職付きという異常事態に加えて担任、結婚してからの色々なことも重なって春先に過呼吸を繰り返して、夫に精神科に連れていかれ「もう、これ以上何かの責任や役割が加わったら、もうすべてが出来ない状態になりますよ」と告げられ…そんな中から少し気持ちを整理して(状況は変わらなかったんだけどね)夏に与えられた赤ちゃん。でもそこからの死産。

あぁ、もう疲れた…。そう思っての決断だった。とにかく1年は休もう。って。

週に3日だけ、大好きな理科を教えるだけ♪

ということで、リセットされた妊活!

お医者さんの指示通り生理3日目に受診。そしてついに今回はクロミッドを処方された。多胎の可能性があるクロミッドだけど、期待しつつ服用してみたいと思います。

ちなみに、妊娠前にもらっていた漢方「ケイシブクリョウガン」も残っていたので服用を再スタート。

そして、追記。今回、私一度退職している状況で、社会保険を任意継続で入りなおさなくてはいけない…ということで現在、保険証がない状態なのです…早く来い来い保険証!今回の診療と処方箋は全額負担になってしまった。今月中に保険証が届けば、7割は病院と薬局から返金。来月になると自分で手続きをしなくてはいけないとのこと。う~ん。面倒。そして、やっぱり保険のパワーは大きい。

 

AIH→デュファストン

結局、セキソビットの服用のせいか、排卵はいつもより1週間遅れてやってきた。

周期20日目でAIH(人工授精)、そして昨日周期22日で超音波を受けると、しっかり排卵していたということ。

人工授精の後はいつも通りhcgホルモンの注射を受け(筋肉注射…痛い。涙)、排卵を促していたので、しっかり起きていた模様。

セキソビットの効果で卵胞もしっかり時間をかけて成長したってことならいいなぁ。

そして、昨日の排卵確認後から黄体ホルモンの錠剤(デュファストン)を12日間服用することに。前回の周期では高温期の体温の上がり方があまり良くなかったということもあって、着床を起こしやすくする黄体ホルモン取り入れるという事。しっかりフカフカの子宮を作って着床できますように。

 

私達の中で「また染色体に異常があったらどうしよう」という気持ちはいつもあるのだけど、そんなことは悩んでも分からないし、神様の御手の中。

 

フルタイムの勤務もあと少しになる。最大のストレスからも解放されて、赤ちゃんが来てくれるようにしっかり待ちたいと思う。

セキソビット

週が明けて生理3日目で受診。

この日は問診だけでだった。

基礎体温表を見て「高温期の体温の上がり方が弱いから、もしかしたら薬を飲んだ方がいいかな」とのこと。

そして、人工授精を確実にするために排卵誘発剤を飲みましょうということになった。

クロミッドとセキソビットがあるけど、どちらにしましょうか?」

と、いきなり聞かれて戸惑う(笑)

クロミッドは確かにどこかで聞いたことがあるけれど…

説明を求めると、効き方が強いけれど双子の可能性が上がるクロミッド

効き方の緩やかなセキソビット。

結局、先生の勧めによってまずは聞き方の緩やかなセキソビットを5日間飲んでみて、また様子を見るという事になった。

今はとにかく先生の指示に従いながら、ある意味まな板の上の鯉のように言われる通りに進んでいるけれど…

生命を授かる行為をどこまで医療に頼りながら行うべきなのか?

きっとみんな考えるだろう問題も頭によぎってはいる…

でも今は、目の前に与えられたチャンスを粛々と受け取りながら進みたいと思う。

季節は花粉症真っ盛り…そして年度末…

若干もうそれどころじゃないくらいの疲労感漂う毎日なんだけどね…