読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HOPE in GRACE *流産・死産(子宮内胎児死亡)そして妊活の記録*

2016年12月 2度目の流産を15週で経験したときの記録です。そしてその後の妊活記録。

死産後3回目のAIH

ついにクロミッドを服用しての今回の周期。

まず生理が終わって周期10日目(土曜日)に卵巣の状態を見てもらったところ、分かりにくいけれどもう20mmに近い卵胞が発見された。

クロミッド効果なのか…いつもよりもかなり早い発育。もしもこれが本当にそうであれば今回はAIHが間に合わない可能性もあるということで、週明けの月曜日に再度受診。結果、今度は3つの卵胞がいずれも18mm近くあり、発育していることが分かった。

 

3つも!恐るべしクロミッド効果。

そうすると、もちろんかなりの低い可能性であっても三つ子の可能性もあるし、双子の可能性もある。双子が産まれてくれたらうれしいけれど、もちろんリスクも高い。

でも3つの卵胞に確実に卵子がいるか分からないし、受精するかどうかも、着床するかどうかもすべて私達にはわからないことで…

 

とりあえず、生理周期14日目の今日、死産後3回目になるAIHを受けた。

3回目…これはK病院で言われたリミットでもある。(3回やってダメであれば体外受精を考えるようにという話があった。)

これからどうするかはまだ分からないけれど、春の温かい気候の中、仕事も非常勤になって余裕がある中で今回AIHを受けられたのは良かったな~と思っている。

 

AIHの後にはいつも排卵を促進するためにHCGホルモンの注射(痛いやつ!)を受けるんだけれど、今回はそれもリスクがあるということで決断を迫られた。もちろん多胎の可能性、そして卵巣が腫れてしまう、最悪の場合はそこから血栓症になるケースもあるという話があった。今回のように複数の卵胞が育っている場合は、両方の卵巣にそれが起きていると、HCGは使わないと言われた。ただ、今回は私の場合3つとも左の卵巣だったので、打つことは可能という事…

(色々ネットで調べると、卵胞が3つ育っている場合はAIH自体も行わない医師もいるみたい。もちろん普通にAIHとHCGの両方を行っている人もいるけれど…難しい。)

ちなみに、今回AIHの後に初めてちょっとだけ出血があった。いつも「少し出血するかもしれません」と言われるから、それなのかなぁと思うけれど、しっかり抗生物質飲まないと。とりあえず明後日にまた卵胞の様子をみるために受診します。

 

今回は可能性にかけ、決断してHCGも受けてきた。卵巣の腫れが起きませんように!GW付近が妊娠のわかる時期…

初夏の温かさの中で、ストレスなく、ゆっくり待ちたいと思います。