読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HOPE in GRACE *流産・死産(子宮内胎児死亡)の記録*

2016年12月 2度目の流産を15週で経験したときの記録です。

12月23日 出血は終わったのかな?

2週間以上続いていた出血が大分おさまった気がする。

ほとんど出てこないので…たぶん。

でもまた塊がどばぁーっと出てくる不安はあるので、気をつけなくては。

乳房の痛みも大分おさまったけれど(そしてかなりのサイズダウン…笑)

でも、まだ違和感はあるかなぁ?(寝ているときに何回か「痛い!」と思って目覚めたりもする。)

とにかく、今回は子宮収縮の薬も乳腺の働きを抑える薬も服用していないので、

身体の自己回復能力に任せるのみ。

みんな大体分娩の1~2か月後の間に生理が来るって話なので、

次の1月10日の診断ごろにはちゃんと生理が来たらいいな…

 

世の中は今日から3連休なのね。

そして明日はクリスマス・イブで、明後日はクリスマス。

どうやって過ごそう?

私は今まで、クリスチャンで、イエス様の誕生日を思いっきりお祝いしたい人なので、

何回も家に誰かを招待したり、どこかでみんなと集まって、

飾りつけして、美味しい食事をして、讃美歌を歌ったり、プレゼント交換をして(私はホワイトエレファントっていう、家にあるいらないものをかわいくラッピングして送りあうヤツが好き!)みんなで色々笑ったりしながら時間を過ごす機会が多かった。家族でもクリスマスの音楽を聴きながらゲームをしたり、美味しいものを食べたり…

(夫はほとんどそういうことがなく育ったらしいのだけど・・・まぁ、南半球で育った夫は季節も真逆だしね。何となく、夏のクリスマスは風情がない気がする…勝手な想像だけど。)

アメリカでも24日はイブ礼拝に行って、いつもの友達の家でスープを食べながら和やかな時間を過ごしていた。そして25日は教会の家族が集まって、ハムのディナー(私はこのハムの周りに黒砂糖のグレイズドの奴がすごい好きだった)を食べたり、美味しいデザートを食べたり…そしてその翌日にはいつも私の住んでいた東海岸から西海岸のLAへ飛行機で大移動(だって、乗継をすると1日がかり。日本からLAに行くより時間がかかる!アメリカはデカい)…年末年始はそこで行われるアメリカ在住クリスチャンが数百人集まるカンファレンスに行く…そんな充実しまくりの季節を過ごしていた。

 

でも、今年は何もない…悲しいなぁ。

なんて、色々考えるとまたとてつもなく深くて暗い穴の中に1人で落ち込んで行ってしまうような感じ。昨日はその穴からなかなか抜け出せなくて夫にも悲しい思いをさせてしまった。

 

きっと来年は楽しいクリスマスシーズンを過ごそう。

今年は静かに落ち着いた時間を過ごせることに、感謝しよう。